東海結婚相談所 カウンセラー下木修一郎

カウンセラー

下木 修一郎しもき しゅういちろう

略歴 結婚教育サポーター。
1970年、福岡生まれ。元ブラザー工業(株)デザイナー。再婚を期に退職、夫婦カウンセラーとなり2,000人を超える方の問題を解決に導く。
実績 フジテレビ「ノンストップ」、メ~テレ「ドデスカ!」、新聞、雑誌、webメディアなど出演多数。
趣味 音楽活動、3日坊主、奥さま観察
ブログ 下木修一郎のブログ

大切なのは、結婚とは何かを考え、学ぶことです

はじめまして、下木修一郎です。

私の両親はとても仲が良く、自分も大きくなったら結婚してこんな家庭を持つのだろうと思ってきました。そして28才のときに初めての結婚をしましたが、その結婚は数年でうまくいかなくなりました。なぜそうなったのか理由も分からず、自分は結婚に向いていないのではないかと考えるようになったのです。

縁あって2回目の結婚をすることになりました。でも結婚がうまくいく自信はありませんでした。そこで、二度と後悔をしたくないという思いから、結婚について学ぶことにしました。様々な書籍を読み、カウンセリングの勉強をし、また、自分たち夫婦のことを客観的に理解するために会話をビデオ撮影して分析したりしました。そして夫婦のカウンセラーという資格を取って、多くのご夫婦のお話をお聞きする仕事を始めたのです。

その経験を通じて分かったのは、幸せな夫婦になるためには3つのことが重要であるということでした。

・自分らしさを大事にする
・相手のことを理解せずに、相手から理解されることは無い
・結婚について学ぶ

現代、多くの人が深く考えずに結婚という選択をします。その結果、ある調査では30代女性の54.8%が結婚したことを後悔していると回答しています。

幸せな結婚生活をおくっている人は見た目が魅力的な人ばかりではないですし、決して高い収入を得ている人ばかりでもありません。私たち夫婦を見れば分かります(笑)。大切なのは、結婚とは何かを考え、学ぶことだったのです。

2,000人を超える夫婦相談から得たこの「幸せな結婚を続けるための知恵」を、結婚する前のあなたに還元したいと考えるようになりました。このサイトにいらした方には、きっと何かのご縁があるのだと感じています。

結婚について学び、長く続く幸せな結婚をする。そのために何をすればいいのかを考えることが、豊かな人生をおくるための最初の一歩となるのです。

カウンセラーの紹介